NAVIが選ぶ海外FX業者 TOP3(2019年)

2019年10月26日

前回までの記事の内容をまとめると、ゼロカットシステムを採用していて、NDD方式である○○FX業者がおすすめであることはご理解頂けたかと思います。

しかし、業者の破綻、信託保全の有無、出金拒否などの不安要素やリスクがあることは否めません。私も、うん千万円の資金を海外口座で運用する勇気はございません。あくまでも無くなっても耐えられるくらいの余裕資金で始めるようにしてください!

日本市場をマーケットにしているFX業者はいくつかありますが、今回は、その中からNAVIおすすめランキングTOP3を発表します!

XM tradingやTitan FXなど日本人に人気のFX業者様をランキング上位に上げているブログは多いですね。

XM tradingさんは888倍というハイレバ運用が可能だし、100%ボーナスがあったりと決して悪いブローカーだとは思いません。またTitan FXさんも良いと思うのですが、現時点(2019年5月現在)で、入出金にちょっと不安があるのでランキングには入れませんでした(通常なら2位くらいかな?) 。

広告単価を考える?と、NAVIランキングはあり得ないかもしれませんね。でも、長らくこの世界にいると見えてくる率直な順位だとお考え下さい。

  • 第1位 TRADEVIEW
  • 第2位 Traders Trust
  • 第3位 MYFX Markets

NAVIおすすめ海外FX業者 第1位は『TRADEVIEW』!

数年前から日本向けのサービスをはじめたばかりですが、創業開始は2004年で中堅のFX業者です。取引環境・取引条件・顧客保全・信用度の全てにおいて優れた、NAVI一押しのブローカーです。

TRADEVIEWが提供する口座の種類

Tradeviewが提供する口座の種類は「MetaTrader 4 X Leverage口座」「MetaTrader 4 ILC口座」「MetaTrader 5口座」「cTrader口座」「Currenex Viking口座」の5つです。

現在のところ、まだMT5対応のEAはほとんど存在しないので、TRADEVIEWで、EAによるFX自動売買を行うとすると、MT4 スタンダード口座ILC口座のどちらかです。どうしても板情報を見てトレードしたいという方はcTrader口座をご検討ください

ライセンス CIMA License No. 585163
プラットフォーム MetaTrader 4
口座タイプ スタンダード口座 ILC口座
口座通貨 JPY/USD/EUR/AUD/CAD/CHF/GBP/MXN/ZAR
注文方式 STP方式 ECN方式
初回最低入金額 1万円(100USD) 10万円(1,000ドル)
最大レバレッジ 500倍 ※200倍
取引通貨単位 1lot(100,000通貨)
最小取引通貨単位 0.01lot(1,000通貨) 0.1lot(10,000通貨)
取引手数料 なし 往復5ドル/lot
平均スプレッド ドル/円:1.9pips ドル/円:0.2pips
最低スプレッド ドル/円:1.7pips ドル/円:0.0pips
ロスカットレベル 証拠金維持率100%以下

※ ILC口座の最大レバレッジは初期値では100倍に設定されています。200倍にしたい場合はサポート宛に200倍への変更希望をお伝えください。

TRADEVIEWのILC口座とは?

TRADEVIEWには、Innovative Liquidity Connector ®(ILC口座)と呼ばれる、MT4 口座があります。

Innovative =革新的な、 Liquidity = 流動性(のある市場)に、Connector =接続する口座

接続先としては、バンクオブアメリカ、シティ、RBS、モルガンスタンレー、BNPパリバ、バークレー、J.P.モルガン、UBS、 ノムラ、ドイチェバンクをはじめとした50もの銀行やリクイディティプロバイダー(LP)で、その中から最良のレートが提示されています。

ILC口座では、カバー先が提示するレートでマッチングする方式なので、一瞬、STP?と思ってしまうのですが、一方で、取引手数料がスプレッドにプラスされるわけではなく、外付け手数料なので、ECN?のようにも見えます。つまり、STPの約定力とECNの低スプレッドの両方を兼ね備えたハイブリッド方式と考えるのが妥当かもしれません。

※ 但し、TRADEVIEW社公式には、ILC口座=ECN方式としているので、当サイトでもこれを踏襲したいと思います。

約定の「スピード」と「安定性」

海外FX業者のトレードサーバーの所在地は、ニューヨークもしくはロンドンの2極化しています。TRADEVIEWのトレードサーバーもロンドンにあり、海外の金融機関・証券会社などが多く利用している「EQUINIX社」のサーバー(LD4)内にあります。EQUINIX社のデータセンターは、世界最高水準の金融インフラプロバイダーで、世界トップクラスのサーバー強度を誇ることで知られています。FX取引におけるエクイニクスサーバーの利用は、約定の「スピード」と「安定性」をもたらします。

分別管理と信託保全完備

顧客資金は、欧州系の一流グローバル金融グループであるスペインのSantander Bank(サンタンデール銀行)で、ブローカー自身の運転資金とは分けて管理(分別管理)されています。また、FundAdministration社と信託契約を結び外部管理者として顧客資金の監視を行っています。さらに、35,000ドル相当までの顧客資金補償も完備されていて、非常に堅固な顧客保全体制と言えます。

このように、TRADEVIEWは、取引環境・取引条件・顧客保全・信用度において、非常に優れたサービスを提供しています。

当サイトから口座開設すると1,000通貨単位からのお取り引きが可能!

TRADEVIEWでは、通常ならば、1万通貨単位(0.1ロット)からのお取り引きしかできません。しかし…

1.以下のバナーからTRADERS-proに会員登録

2.TRADEVIEWの口座開設

TRADEVIEW口座開設ページ

1,2の手順を踏むことで、一切のマークアップなし1千通貨(0.01ロット)からのお取り引きが可能となります!

詳しくは、こちらからお問い合わせ下さい。

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

よろしければ「クリック」と「お気に入り登録」をお願いします!

第2位、第3位の詳細は後日・・・

NAVI